blog移転しております。
HP
Facebook

2009年08月29日

立腹

普段からは怒る姿があんまり想像出来ない方が、
ちょっとむっとしたり、近しい方から「あの人怒るんだよ」って聞くと。
…どんな理由で怒るのか聞きたくなります。

「怒る」ってことは、自分の大事にしていることが
軽んじられたりいい加減にされたりされているからかなーと思うので。
「ちゃんとやりたい!」ことがなされてない状態だから、怒る。
てことは逆に。その方の「大事にしているもの」が分かるいうことだから。
その方の価値観が結構顕著に現れて、その方の人間性とか生き方が伝わってきて、
なんか嬉しい。

穏やかにしている方は特に、感情を普段表に出さなかったりする方多い気がするから、
親近感が沸いて嬉しいのかなあ。
それに、その方の価値観を知ることで、自分の生き方をもっと試行錯誤出来る、
ってことも理由を占めてると思います。


…と、普段こんな「ザ・思春期」なこと考えるのが好きです。トホホ♪
だから、未だに小説ばっかり読むのかもしれません。
周囲は年齢重ねるにつれ、新書とかの「情報」が入ってくる本を結構読んでいるけれど。
やっぱり、もっと「悩みたい」のかもしれません。
「生きるとは?」みたいな(笑)
(※ちなみに今はちょっと前のブームに乗っかって、
 ドフトエフスキーにはまりつつある…暗い!と母親に言われた~)

そー橋本治がなんかのエッセイで
「小説は人間の生き方を書いてる」のようなこと書かれてて。
だからどん底落ちたりあれやったりこれやったりしても、
小説の中では許される。「生き方」だから。
「生き方」を提示するのが小説。
…なんて内容だったかな。あんまり覚えてないっっ
「なぜ小説を読むのか」と疑問抱いてた時期に読んだので、
大きく首肯した覚えがあります。
橋本治はいつも大きく首肯させられる…的確の的確すぎてぞっとして怖い時あります。
すんごいところから発想が飛んでくる気が致します。
ってまだ全然読んでないんですけれど。

なんて感じで。土日は好き勝手まったり更新にしようと思いました。
12時過ぎちゃったけどっっっまあ土日だし~☆
お許しくださいませ。


今日の紙切りは、コミケで販売した旧ザク↓

コミケでは「丸っこく可愛い」というお声頂きました。
(そのせいか、一枚も売れませんでした。)
まあ、派手なMSじゃないしね。
渋くてシンプルなのに美しいボディーラインが自分は好きです。
↑この丸っこいアレンジは嫌いではないのですよ~ちょっと自分のアレンジ入ったようで。
モノアイの下からの睨みきかせている表情も好きだし。
ま、実を言えば…もっと渋くしたい。
シンプルなだけに、少し間違うと、思いっきり「ダサく」なってしまって、
難しいMSでもあります。  

Posted by 切刻亭 at 12:15ガンダム