blog移転しております。
HP
Facebook

2009年09月06日

無言

アニマックスを見たら偶然赤毛のアンがやっていた。嬉しい。

赤毛のアン、好きです。小説もアニメも。
アニメは見た時に衝撃を受けました。

必要以上の演出がない。過剰な表現や台詞回しが全くない。
ナレーションも静かだ。(声が渋く柔らかくて好きだ。)
音楽の使い方も同様。「ここぞとばかり」が全くない。

OP・EDにまでそれは共通している。
(OP・EDはロマンティックなアンの世界観が表現されてて好きだ。)
OP・EDって、アニメの雰囲気を伝えるために、
かっこつけさせたり可愛くしたりするものなのに、
全く、ない。
OPは、アンのロマンティック想像の世界観をそのままに表現したものだと思うし、
EDは…飾り枠だけ。
全てに渡り客観性を徹底しているんだな~。

それなのに、面白い。回を重ねるごとに登場人物に感情移入し、
アンの世界の面白さがどんどん伝わってくる。
自分の好きな小説本の世界が、期待以上に広がっていく。
「何も言わないのに十分伝わる」という印象の作品。凄い技術。

逆に、アンを過剰に脚色されたらこんなに面白くなかったかもしれません。
世界名作劇場だし「道徳的になるようにしよう!」とかね。
「いい子」「いつもいいことする子」ではアンはないし。
強い感受性を素直に出す突飛な少女…これがアンの面白さ・良さだと思うので、
逆に演出しないことで、「突飛さ」がアクやトゲにならずに見ることが出来て
よかったのかも。

あ、この「強い感受性を素直に出す」という点は、
自分が逆シャアのクェスが好きな理由です。
だから、クェスがチェーンに「船から降りなさいな!」って突っかかるシーン、
好きなんですよね。


では今日の紙切り。
最近は、人に差し上げるのばかり切ってて、
載せられないのばかりなの~っっ。

ということで、今日もコミケで販売したMAより、ザクレロ。
ザクレロは表情がバキっと出てくれる、切っていて楽しいMA。
ザクレロ妖怪ですよね~。だから、「飛びかかれ!脅せ!泣かせ!」
と高揚して攻める気分で切っております。


だからこちら↓のような方がバランスがよくて、
現物に近いのでしょうけれど。


自分は表情がバキっ!が好きだから、
前者を見本ファイルに入れちゃいます♪

こーゆーことを考えると、
やっぱりそれぞれのMSMAに表情のバリエーションをつけて、
見て頂ける方へバリエーション増やしたいな~と思っちゃいますな~。  

Posted by 切刻亭 at 12:00ガンダム