blog移転しております。
HP
Facebook

2009年09月17日

魂斗

何かにつけて、木村さん(バッファロー吾郎)が好きだと書いてます。
そうです。好きです。二の次ですが、正直、顔もタイプです。渋いです。可愛いです。

実は好きになったきっかけは、
バッファロー吾郎のコント見たからではないのです。
とはいえ、今はコントとか木村さんの笑いのスタイル大好きです。

所謂一般の「コント」は「不自然」「わざとらしさ」が当たり前。
…舞台を「学校」に見立てたり、中年のオジサンが「女子高生」になったり。
そんな「不自然」「わざとらしさ」を知らぬふりしてみんなコントやってる。
それが当たり前。

バッファロー吾郎は、その「わざとらしさ」を認識して、
「はいーわざとらしいことですよーべたべたなことやっちゃってますよ!」
スタイルをとっている。そこが面白い~のです。

ベタなことを「ベタ」と認識していることを前面に出してしまうことで、
わざとらしさを逆に笑いにしてる。
コントの一番最初に「私は女子高生!」と自ら言っちゃったりとか。
コントの最後に「次回予告」とか「エンドロール」的なものを入れて、
不自然さを倍増にして「やらかしちゃってますよ!」と楽しんだりとか。
(この終わり方は個人的に好きです。)

あと、扮装もするけど、バッファロー吾郎の場合、
「衣装で笑わせよう」としていないんですよね。
「ベタな衣装を着てしかも似合ってない俺~笑」
て方面で笑いを取りにいっている気がするんですよ。

逆に、実は「ベタ」「わざとらしさ」が苦手なのかもしれませんね。
だから、いかにもな突っ込みもしないし。
(コントだからという理由もありますが)

ベタなシチュエーションとか、あるあるネタや面白発想ネタや
マニアックネタとか色々他にも面白さは盛りだくさんなんですけれど、
自分はここが一番バッファローのネタが好きな理由かもしれません。

あ。ある程度長くなったから、きっかけはまた明日。


ここで宣伝です宣伝です。
GIRL’Sガンダム―男子禁制! (SAN-EI MOOK) (単行本)
というムック本に載りました。
GIRL’Sガンダム―男子禁制! (SAN-EI MOOK)GIRL’Sガンダム―男子禁制! (SAN-EI MOOK)
(2009/09/01)
不明

商品詳細を見る

最後の方の半ページに、ガンダム紙切りについて載せて頂いております。

これは、プロモデラーのオオゴシ*トモエ様とのご縁で載ることになったのです。
いつもお世話になってありがとうございます。
さらっとですが大東両閣下がきっかけだということも書いて頂きました。
少しでも閣下のことを知る女子がいたら嬉しいな。
また本については別に触れますね。


今日の紙切り。
久々にコミケで販売したMSにしますね。

↑ジオング。まだ下半身が納得いっておりません。
スカート部分がね~。紙が足りなくなる。
バランスのとり方が難しいです。

忘れちゃいけない、いつかパーフェクトジオングも!ですな。

ジオングは、リクエストも少なく販売数も少ない。
そして、自分もそれ程得意ではない。…。
ということで、突然リクエストがくると焦ってしまうMS。
資料がない時は「どんなんだったっけ~???」と
頑張っていつも切ってるMSなのでした。  

Posted by 切刻亭 at 23:00ガンダム