blog移転しております。
HP
Facebook

2009年12月14日

挑戦

今日は、品川プリンスシアターに、
バッファロー吾郎木村さんプロデュースの
「芸人将棋」というお笑いライブ見に行ってまいりました。

これね~ホントに直前になって、木村さんのブログを見てあるの知って!
ビックリして急いでチケット取って行ってきたのです。
うおー危ないっっっ

木村さんプロデュースのライブを東京で見られるなんて嬉しいなあ。
今までは「大阪じゃん!」って諦めていたから。

内容は、芸人さんを将棋のコマに見立て、
コマを取ろうと攻めたらお笑い勝負!(モノマネとか一発ギャグとかで)
で、どちらのコマ=芸人さんが勝つか、というものでした。
出演者も豪華でした。

1勝負45分というので、「長く感じるんじゃ?」と初め不安だったけど。
それはバトルオワライヤルというイベントのDVDを以前見てて。
面白いけど「う~ん長い…。」って途中で感じ、時間置いてちょこちょこ見てたのもあり。

でも、全然ダラダラせんで楽しめました!
「ライブ」っていうのもあったのかな。
うん、コマを取ったり取られたり=芸人さんを取ったり取られたりの1手1手で、
形勢がガラリと変わるから、臨場感タップリで。
勝負も止まったマスによってバリエーションが違ったりで楽しめました。

将棋のコマの動かし方をどーするかも楽しめたし。
それによって芸人さんのいじられ方や見せ方や位置も違ってきて。
あっと言う間の2時間でした。

出演芸人も豪華で、そんな皆様の腕もあったのかな。

それに、「ライブ」っていう「生」感を大事にしてる印象がありました。
んーとね、一連の流れを初めから決めてしまわず。
企画とかの用意はきちんとするけど、
あとの攻防はもう芸人さんの腕とか運とか流れ任せ。

だから、今回の芸人将棋の勝負は、「どうなるか分からない!」って面白さ
=「ライブ感」を自分は終始感じていて。
まさに「勝負次第」?
それがとっても心地よかった。
なんだろ、テレビみたいに、演出をきちんと決められてるものとは逆の楽しさ?

ダイナマイト関西もそんな狙いのイベントなのかしら。
そんな「生」の味わいを色濃く感じて帰ってまいりました。

そして、主催者の木村さんが終始笑顔でイベント司会をされてました☆
いつも思うけど。木村さん、テレビとか舞台で他の方のネタ見て、
メッチャ笑いますよね~。
今日もそんな素敵な笑顔と、ネタを見ようと前に乗り出したりしてる姿を見て、
素直で可愛いな~とか、自分自身のイベント楽しんでるの素敵だな~と、
嬉しい気持ちを貰ってきました。

そして、何より。東京でもこーゆー面白い企画に挑戦していかれる姿が、嬉しい。
なんかね~、最近テレビで見ても、
前よりも前に出てトークしようという姿勢がある気がして。
ブログで言われていたように、
何かしら決意をされ挑戦しようと東京に出てきたんだな~と勝手ながら感じております。

自分も。
今は一人で戦ったり挑戦しんば!と思っているので。
そんな姿勢にいつも勇気を貰っています。
不器用だから、一人にならざるを得ないし。すっごい不安で怖いけど。
挑戦してる方の姿を見ると、大切なものを貰える。
だからいつも勝手にありがとうございます☆な気持ちです。
頑張って切ろう~。


では、今日の紙切り。
今日はコミケ用に切ったゲルググ。

↑ひーどいー!うーん。
しかし、切ってたら手がかじかんできましたよ。今日は寒いのかな。
皆様、あたたかくしてお休みくださいませ。  

Posted by 切刻亭 at 23:59ガンダム