blog移転しております。
HP
Facebook

2010年02月22日

歯止

この前本屋さんに行ったら、見つけてしまったー…。
好きなイラストレーター・黒田潔の画集。

森へ森へ
(2010/01/20)
黒田 潔

商品詳細を見る


まあまあ前から好きなイラストレーターさん。
基本黒と白の、ちょっと切り絵みたいな絵なんですけど、
ヴィジュアル系と言うかなんというかー、オシャレでかっこいいんです。

それに素材に多少リアル描写の動物が多いから好きっていうのもありますが。

ああ…欲しい!
立ち読みしたら、今迄見たことない「色鉛筆」で塗ってるのがあちこち結構あって、
今までの黒白の絵がまた違う味わいで見えて。ああーいいな~♪

ってでもでも!危険な訳ですよー。
ここで手を出したら、きっと前から欲しいって思ってた、
あれこれそれの画集・写真集にも手を出したくなりません??
「これも一緒に我慢してたから、いっそのこと…」って。
⇒そうしていっそのことが増えていくのさ~うぎゃー☆

あ、そうそう。自分のやりたいことを探るには、
とにかく自分が好きなものを羅列してみるのがいいみたいですよ。

自分の場合、いつも目を止めるイラストを見返してみると、
リアルチックな動物が多かったり、細かいものが多いから。
⇒これからどういう作風がしたいって分析が出来る、とか。

これ、仕事にも当てはまるみたいで。
例えば普通「金融関係がいい」「広告や雑誌がいい」とか「分野」で仕事を決めがちだけど。
そーじゃなくて、「自分がどういう環境・作業で充実感を得るか」で仕事選ぶと、
結構ハマるみたい。

例えば、「こつこつ集中するのがいい」とかなら、別に金融関係でも広告でも、
「こつこつ」っていう作業が発生するものを選択したり。

「人と関わる・伝えるのが好き」なら、接客業に限定されることなく、人事部の教育・研修係とか、
セミナー講師とか、色んな分野の多様な選択肢が実は見えてきたり。

他にも、「ブランドに囲まれたい」っていう人は、その「囲まれる」が満たされいれば、
仕事内容にはあんまりこだわならい、とか、
働く場所も重視する人は「銀座」なら極端他はこだわらないとか。

…っていうのは、前に受けて「ほー!」って思ったセミナーの受け売りなんですけどね(笑)

紙切りは、同じく蝶の着物模様集から。


元はこれ↓


最近載せるのは、昼休みに会社で練習してるものです。
夜はちょっとこれから人前に出したいものだから、今はまだ載せません~♪
しばらく昼休みの紙切り掲載が続くかもしれません。
その分夜ちゃんと切ろ~(あはは~)。  

Posted by 切刻亭 at 23:59模倣