blog移転しております。
HP
Facebook

2011年01月20日

「ツール」が異なるだけ


↑まん丸蛙。現物販売用の小さいものです。
可愛いので、この蛙もっと色んなバリエーション切ろうと思います。

このまん丸蛙は、手帳に描いた絵が元。
左上のものです。↓

(右は、前回載せたボツを貼ったのだ~。気に入ってるからね♪)

別に「丸っこくしよう」と思わないで描いたものなの。
むしろ、右に貼った蛙みたいに描こうとしたんだ。
怪我の功名♪

ついでに、左下の向かい合ってる、うねうねの絵も蛙。
これはね、右に貼った蛙を見ながら描いたのだ(苦笑)
まー、丁寧に書いてないというのもありますが。
⇒そう、私は絵が下手。
絵は昔から下手でした~。めっちゃコンプレックス。昔から今も。
弟が逆に上手くて、新潟県のNHKの児童画廊に出たんだぜ!えへん!

なので、自分が紙切りの方が再現力が上なのは、
単に沢山紙切り経験値あげたからだと思います。

あ、あとね、もう自分の脳が何かを「描く」って時に使用するツールとして、
「ハサミ」を最優先してると思うんだ。
↑手帳にこんな風に絵を描いてる時に、
自分の手がハサミ持ってる時の動きをしたくなってるから。

えっとね。「こういう曲線を描くには、この動き」
というのを、ハサミの手の動きで把握してるから、
「描く」「描写」という動作の時に、ペンというツールの動きよりも、
ハサミの動きが出てしまうんだと思います。
うん、結論としては、紙切りもペンも同じ脳使ってて、
単に描写の際に使う「ツール」が異なるだけなんだ~と。思います。

そう。そうだ。
だからよくね、「切る時線が見えてるの?」って聞かれるけど、
全然見えてなくて。
それこそきっと、この「動き」なんですよね。
うん、結構今までは「ノリ」で切ってると思ってて。
それはこーゆーことなんだなあ。うむうむ。

でも、絵が上手い方って、線やっぱり見えてるのかな??
うーん、多分一緒で「動き」だと思うけど~???



告知
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ワンダーフェスティバル 2011[冬]
日時:2011年2月6日(日)10:00~17:00
場所:幕張メッセ 国際展示場 1・2・3・4・5・6・7・8ホール
出店場所:※分かり次第~♪
 ※オオゴシ*トモエさんのブースにお邪魔させて頂きます。
一般参加料:2000円(公式ガイドブック購入)
販売物:
○即興紙切り:横顔・ペット・リクエスト
○ポストカード・紙切り現物・しおり等(※オリジナルのみ)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  

Posted by 切刻亭 at 23:26