blog移転しております。
HP
Facebook

2012年07月28日

繊細な子。

今晩は。

そういえば、グフカスタムを新しく切ったのを載せてなかったです。↓


ワイヤーバージョンも少しあります。↓

グフカスタムさんは色々武器があって大変じゃ。

しかし。グフカスタム。どう切ればいいか全然分からん。未だに分からん。
四苦八苦したけど(ふて寝とかね(笑))、難しくてもー分からん。
この先、かっこ良く切れるようになるのだろうかね。

グフカスタム切って、そのあと前に載せたシナンジュ切ってたんですけど。
なんか、この2つの機体、似てるな~と感じました。
胸部の構成とか。脚部の膝の構成とか。
なんか組み合わせ方が、金属への愛?
分かんないけど、胸部だけじゃなくて全体的に素材のこと知ってる感じのデザイン。
切り返しというか組み合わせが素敵だ~~と感じて。

あと、例えば脚部とか、全体的に意外と基本に忠実。
大河原MSの基本構造をきちんと下敷きにしてる。
サザビーよりシナンジュの方が、切る前は「複雑すぎるぜ自由すぎるぜ」
って思っていたけど、
切ってみたらサザビーの方が独自アレンジ満載。
シナンジュの方が基本構造から発展させてる~と、ちょっとびっくり。

その基本構造からの発展のさせ方も繊細ですよね。
曲線1つも綺麗に見せるというか。
どのカーブが効果的か知ってるというか。
細かいとこにもこだわるというか。
繊細で丁寧な仕事だな~、と。
うーんと、例えば、服とかだと、
大げさなデザインというよりも、
素材を生かしたり、体を綺麗に見せるために裁断にこだわったり。
でも細かなアレンジや飾りを忘れない。
そんな繊細なデザイナーさんの服みたいだな~と。


あ、そーだ。
グフカスタム切るから、久々に08小隊見ました。
ノリスの大胆かつ計算された戦闘っぷりは、改めて凄いですね。

これはラルも共通で、自分は個人的に戦争嫌いなので、
「職業軍人」というのに憧憬を持つつもりはないのです。

ただ、職務に対する姿勢とか職人気質というか、
そういう生き方は単純に素敵だと感じる。
だからいつもラルやノリスのシーンを見るたびに、
「ああ、向かう対象が戦争でなければなあ」といつも思ってしまいます。
下駄職人とか染物職人とかね。そーゆーのが素敵だよ。

ガンダム自体、そう伝えたい話ですもんね。
戦争の悲惨さとか虚しさとか。

早く銃や戦車や軍艦なんかが過去の遺物になってしまえばいいのにね。
そーすれば、「今は起こることが想像も出来ない物語・人間ドラマ」
として純粋に楽しめるのにね。
ワガママだって分かってるけど。敢えてそう望みます。

グフカスタムのついでに、グフも現物ストック増やしとくか、と久々に切り刻み。↓

グフカスタム切ったあとだと、切る箇所が少ない~(嬉)


同じカテゴリー(ガンダム)の記事画像
夏祭。
見参。
柘榴。
稲妻。
流星。
変体。
同じカテゴリー(ガンダム)の記事
 夏祭。 (2013-08-10 05:22)
 見参。 (2013-08-05 21:31)
 柘榴。 (2013-08-04 20:24)
 稲妻。 (2013-08-03 16:38)
 流星。 (2013-07-21 22:22)
 変体。 (2012-12-29 05:50)