blog移転しております。
HP
Facebook

2013年08月04日

柘榴。

今晩は。
無事入稿したので、ちょっと息抜き~♪とすんごーい久々にガンプラ作ったら、
うう…やること一杯で大変だ(泣)でした。
HGだからまだ全然楽だったんですけどね。
切ってーヤスリかけてー組んでー合わせ目消してー墨入れしてー塗ったり磨いたり…
とかこれからの工程を考えると、うおおおお…

基本ハサミと紙だけなので、色んな工程に慣れてなかったのでした~。
プラモだけじゃなくて、他の手芸とかアクセ作りとかも同じく感じるのだろうな…

とりあえず、今は接着剤流し込んで乾かし中。
2日待たないとっていうのが、また大変でござるな。

でもやっぱり、こーゆー作業好きです。
なんだろ、本読んでたりこーゆー作業するのって、
「潜る」感覚がして、それが私は気持ち良いです。
いつの間にかぐーーーーっと深くもぐってて、
「うおっ!もぐってた!」と気付いた後「ああ、これ気持ちよかったな~」と思わせてくれる。
潜ってる間の気持ちは全然覚えてないんですけど。

なんか小さい頃からそーらしくて、
1~2歳ぐらいの時とか、一人で遊びを考えて遊ぶことが多くて
邪魔されるとうつぶせにバタンと倒れて抗議してたとか(笑)、
幼稚園とか小学校とか2階の本棚で本読んでて、
母親とかが呼びに来るまで気付かなかったとか。

それぞれ人によって、どういう行動を気持ちよく感じるか、
きっと千差万別に色んな感覚と理由があるんだろうな。面白い!
私は自分の世界にこもるのが好きなんですな(笑)
うーん、不健康。

今、筋肉つけたいと思っているのですが、
こーゆータイプの人間が長続きする運動はあるのだろうか。

ではでは、昨日に引き続き、コミケの新作です。
↓柘榴 ~「ご無理は…」「しかし手出しをせずに行き過ぎる男なぞ、お前はきらいなはずだったな」~


セリフからもお分かりの通り、
ザンジバルで降下してる時のラル&ハモンさんのいちゃいちゃシーンですな。

ハモンさんがラルの肩に置いた手に手を置いてるシーン。
ラルの手とか腕が分かりにくくなっちゃいました(泣)

しかし。
いやはや、兵が見てる前であんな色っぽい会話したり手を握ったり出撃のキスしたり…
私があの場所の1兵だったら、もーこっちが恥ずかしくなるよーうおーー
いや、あれがラル隊の普通なんでしょうけどね…いや~オープンですな。

これは最近浮世絵の画集見てた中で偶然このシーンを想起させてくれた作品があって、
〆切直前でしたが、急いで切ったものです。
その浮世絵は役者絵で、歌舞伎の2人の登場人物を描いていて、
「関係性」とか「曲線」とかの勉強になりました。
今までは、兎に角上手に切ればOKとか端的言えば思っていたので…

紙切りを始めるまで全然絵を描くとかいう作業をしてこなかったので、
今は絵を描くような手段を手に入れて喜んでる
絵を始めて駆け出しの小中学生な位置に自分はいるなあ、と感じてます。
日々勉強になります。

もっと浮世絵!!っぽくしたかったのですが、
全然上手くいかなくて&時間がなくて断念でした。
↓ラフ。

↑顔とかひどいーーー(笑)のは、
それこそ浮世絵風にしようとして全然出来なかった跡。

次回はもっと大きなサイズで、それこそ「こってこて」の浮世絵風にしてリベンジしたいです。

そう、このシーンのセリフ、それこそいい意味で「芝居」っぽいから。
浮世絵の役者絵っぽくしても合うんじゃないかなあ。

「柘榴」のタイトルは、上に柘榴の花、下に柘榴の実を配したから。
柘榴の花言葉は「大人の関係」⇒⇒こんな掛け合いしちゃう2人らしい~~と思って。

本当、このセリフなんかいやらしいってか色っぽいってか…
もーなんなのー二人してーーうきゃーーー
…と一人で興奮して切ってました(笑)


同じカテゴリー(ガンダム)の記事画像
夏祭。
見参。
稲妻。
流星。
変体。
怠者。
同じカテゴリー(ガンダム)の記事
 夏祭。 (2013-08-10 05:22)
 見参。 (2013-08-05 21:31)
 稲妻。 (2013-08-03 16:38)
 流星。 (2013-07-21 22:22)
 変体。 (2012-12-29 05:50)
 怠者。 (2012-12-27 08:50)